ラペルで印象が決まる?!スーツの顔【Vゾーン】を決める大事なポイント♪

皆さん、こんにちは♪

GXBlog 編集部員のノンさんです

今回はスーツのラペル(襟)の形についてです。

そして、ラペルに関係する色々なことを書いていきますよー。

 

 

種類と着用シーンの関係

スーツのジャケットのラペル(襟)には種類があります。

また、TPOよってオススメのラペルもあります。

フォーマルな場でのジャケットのラペルはどうしたらいいのかな?

よりシャープな印象にしたいけどどうしたらいいのかな?

などなど……

お客様の望むスタイルを叶えるには襟の形はとっても重要です!

また、基本的にこのスーツスタイルにはこのラペル!というようなものもあります。

基本の3種類をご紹介していきます。

 

ノッチドラペル

フォーマル度は一番低く、普段使いのビジネスシーンで一番多いのはこの形かもしれないですね。

シングルスーツに合わせることが多いです。

ただ、最近のブラックスーツ(※量販店などで販売されている喪服)などはこの形をしているものも多く見られます。

冠婚葬祭などの一般的なオケージョン対応は問題ないと思います。

 

ピークドラペル

ピークドとは先が尖った形をしていることをいいます。

フォーマルな印象を与えることができます。

また、【ダブルスーツにはピークドラペル】という基本の組み合わせがあります。

 

ショールカラー

タキシードで使われることが多いですね。

タキシードの場合は拝絹地を襟に使用します。

※写真のように共地で襟を作ることももちろんあります。

よりフォーマルな印象を与えることができます。

 

ラペルの幅

ラペルの種類を説明しましたが、幅もスタイルを決める重要項目です!

細いラペル:シャープな印象・若々しい印象

太いラペル:落ち着いた印象・貫禄がある印象

上記の様な印象を出すためにはスーツ全体のシルエットも大切です。

細身のスーツに細いラペル

統一感が出ますね!

 

シャツとネクタイの関係

上記の内容でラペルの種類やラペルの幅について説明をしましたが、シャツとネクタイも関係があるんです!

細いラペルのタイトなジャケットにふとーいネクタイだとVゾーンのバランスが悪いですよね

また、シャツにも同じことが言えるんです。

細いラペルに合わせるシャツはショートポイントのミニマムなものが相性がいいです。

※ただ……ほそーいラペルでほそーいスーツが流行ったのは、私の記憶が正しかったら約10年前ぐらいですかね。

ピタピタの細いスーツを着ている人が少なくなってきたので上の例はあまり参考にならなかったかもですね(^_^;)

 

以上、ラペル関するアレコレを書きました!

それではまた~♪

 

メンズスーツやレディーススーツ、ドレスシャツ、ジャージースーツ、コートなどのオーダー縫製サービスについてのお問い合わせは株式会社ヤマモト縫製部まで、お気軽にお問い合わせください。

“ラペルで印象が決まる?!スーツの顔【Vゾーン】を決める大事なポイント♪” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です