ジェンツのオーダーでタキシードを作ろう!

みなさんこんにちは

GXblog 編集部員のノンさんです(^O^)v

今回はよく質問を頂くタキシードについて書いていきます。

 

 

フォーマルウェア

ご存じの方も多いかもしれまんせんが、フォーマルウェアには、昼・夜で着用のルールがあります。

<正礼装>

昼:モーニング

夜:燕尾服・タキシード

<準礼装>

昼:ディレクターズスーツ・ブラックスーツ

夜:ファンシータキシード・ファンシースーツ

 

簡単ではありますが、上記のように本来着用シーンは時間帯や場所で分かれています。

正式な場面では上のルールを守る必要があります。

一般的には一番馴染みがあるのはタキシード・ブラックスーツ・ディレクターズスーツでしょうか。

ジェンツでは、上記3つのスーツはパターンオーダーにて受け付けております。

 

タキシードを着る

一般的にタキシードを着る機会といえば…………

結婚式(新郎やゲスト)

パーティー(表彰式や船の旅)

が多いんじゃないかなぁと思います。

タキシードは厳密に言うと夜の正装ですが、朝からお昼間でも着てる方は多い思います。

特に結婚式では、主役になって着飾るのは人生において中々無いですよね…

結婚式は女性のものだと言われますが、男性だってバシっと決めたいですよね!

 

バシッと決めたいタキシード

タキシードはそんなに着る機会がないとはいえ、大事な場面でバシっと決まってないとそれこそ目立ちます(;´Д`)

ジェンツではパターンオーダーにおいてタキシードも縫製出来ます!

シングル・ダブルブレストはもちろん

シングルではピーク・ショールの衿が選べます。

※ダブルブレストはピークのみです。

襟の部分も拝絹地(シルク100%)を使用しています。

お客様が『結婚式にお呼ばれした』『新郎として式を主催する』という時は、是非フォーマルウェアのパターンオーダーを提案してみてください♪

※ブラックスーツ・ディレクターズスーツは通常スーツのパターンオーダーに準じますので今回は割愛させて頂きます。

 

カッコよく着るためのアイテム

ここで注意したいことがあります!

タキシードを着ただけではフォーマルウェアを着たことにはなりません!

タキシードには必要なアイテムがります。

◆ブラックタイ

黒色の蝶ネクタイ。

◆ドレスシャツ

白色のウィングまたはレギュラーカラー。ヒダ胸。

比翼仕立て以外はスタッド釦で前立をとめる。

カフスはシングルまたはダブル。

ダブルであればカフリンクスが必要。

◆チーフ

シルクまたは麻。

◆サスペンダー

黒色。

◆カマーバンド

黒色。(ヒダは上向きに付ける)

◆靴

エナメルの内羽根式バルモラル。もしくはオペラパンプス。

 

以上が基本のタキシードを着る上で必要なアイテムです。

ドレスコードに『ブラックタイ着用』と書かれていれば黒の蝶タイに黒のカマーバンドを付けるのが基本です。

ただ、パーティーや海外クルーズなどでドレスコードが特に無い場合は、色物を着用してコーディネートしても問題ないです。

エスコートする女性のドレスの色と合わせてコーディネートしても素敵ですよね!

※聞いたお話ですが、イタリアに行く海外クルーズのパーティーでは『イタリア国旗の3色を入れたパーティウェアで参加すること』なんていうドレスコードがあったみたいですよ♪

面白いですよね(*^^*)

スーツはパターンオーダーで作ったけど、フォーマル洋品をどこで調達したらいいか迷われているテーラー様は、弊社にはフォーマル洋品を扱う部門があります。

ぜひこちらをチェックしてみて下さい!

少しカジュアルなものもあって、色々なニーズにお答えできると思います。

 

 

それではまた~

メンズスーツやレディーススーツ、ドレスシャツ、ジャージースーツ、コートなどのオーダー縫製サービスについてのお問い合わせは株式会社ヤマモト縫製部まで、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です