ワンランクUP!スーツの仮縫いについて

みなさん、こんにちは

GXblog編集部員 ノンさんです(^O^)/

今回はスーツの『仮縫い』について書いていきます。

 

 

仮縫いとは

スーツの仮縫い……聞いたことありますか?

聞いたことある!!!

お客様に仮縫いについて質問される!!!

だけどよくわかんない……

 

仮縫いとは文字通りですが、仮に縫う事です。

生地をパーツごとに作成し仮縫製します。

副資材丸見えの、見た目は何だかあれですが……(^_^;)

この時点でお客様に一度着せることで、

今の寸法で問題はないか?入れたほうが良い補正はないか?

と確認していく作業です。

基本的にはフルオーダーのテーラーさんで行われることが多いです。

 

ジェンツの仮縫い

そんな仮縫いですが………ジェンツさんだと出来るんです!

珍しい工場さんだと思います。

一般的なパターンオーダーの工場さんだと一度裁断したり、縫製の工程に入ってしまうとそのまま完成させることが普通です。

仮縫いをするには時間的・金額的な余裕が必要になってきます。

仮縫いをし、着せて確認し、もう一度工場に戻すという時間を掛けた作業になります。

ただ、フルオーダーのような付加価値を付けれますし、何よりお客様とより多くのコミュニケーションを取ることで、より良い商品に仕上げられると思います。

 

注意事項

注意事項としては、生地を裁断してしまっているので大幅な変更は出来ないという事です。

あくまでも『寸法・補正の確認』ということです!

※まれに、仮縫い用の生地で仮縫いを作成し、本縫い時に生地を差し替えたりする方もいます。贅沢ですね(^^)

また、仮縫いを着せて必要な補正が何なのか、きっちり見ることが出来る技術も必要になっています。

仮縫いを付けて完成したスーツが、お客様に合わないものだと、お客様のガッカリ度もかなり上がってしまいます(^_^;)

※時間もお金も使ってしまいますしね。

そして、仮縫い出来る生地と出来ない生地があります。

綿などの生地は一度針が入ってしまうと、針穴のあとが消えないことがあり仮縫いは出来ません。

などなど……

注意事項がいくつかありますので、何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

以上になります。

一度仮縫いをしたお客様はその後のオーダーもスムーズに受けれることが多いです♪

弊社をご利用のテーラー様でも「ご新規のお客様は仮縫いを付ける」と決めている方もいらっしゃいますよ。

今回は『仮縫い』についてでした~

それではまた♪

“ワンランクUP!スーツの仮縫いについて” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です