スーツの生地ってどこに頼めばいいの??~生地屋さんと生地ブランドの紹介~その1英国生地編

GXblog編集部の山佑です。

今回より編集部に入りました。みなさんにとって様々な有益な情報を発信出来よう努めて参りますので、今後とも宜しくお願い致します。

 

さて、今回はGXblogの発信元である、株式会社ヤマモトの縫製部にて、新規のお客様(主にはテーラー様)より、ジェンツ(ジェンツについては以前の記事「紳士服オーダー工場 ジェンツ」にて詳しく記載しておりますので、そちらも改めてご覧ください)でのスーツ縫製のご用命やご依頼をいただく時に、合わせて多くご質問いただきます「オーダースーツの生地ってどこから取れますか? 御社はやっていますか?」に向けて、3回(英国生地編、イタリア生地編、その他編)に渡ってお答えしたいと思います。

 

英国生地~WOVEN in ENGLAND~

  1. HARRISONS OF EDINBURGH(ハリソンズ オブ エジンバラ)・・・1863年に創設された名門マーチャント(服地卸商)。トレードマークの赤いバンチで展開されるその高品質かつ豊富な服地コレクションは、多くの名門テーラー、オーダーサロンで取り扱われ、欧州の王侯貴族をはじめとした世界中のVIPから愛されてきました。英国らしいクラシックな柄と適度なハリはスーツ映えしますね。中価格~高価格ゾーン。
  2. EDWIN WOODHOUSE(エドウィンウッドハウス)・・・1857年、英国ハダスフィールドで創業した名門メーカー エドウィン・ウッドハウス。その後の1913年、リーズ近郊のファースリーに拠点を移し、ゴント家が4代に亘り事業を継承・拡大しました。ハリがあり渋みのある生地から細番手の艶がある生地まで幅広いラインナップ。なかでも強撚糸使いのフレスコ服地”SUMMER COMFORT(サマーコンフォート)”は高い通気性と回復力があり、暑い夏でも快適に過ごせます。中価格ゾーン。
  3. FOX BROTHERS(フォックスブラザーズ)・・・「英国フランネルの代名詞」、フォックスブラザーズは1772年にイングランドの南西部サマセットでトーマス・フォックスにより創業されました。1950年頃まで商標として保有していたことでも知られるフランネルは群を抜く高い評価を誇り、サヴィル・ロウを始め世界中の名門テーラーで扱われてきました。高価格ゾーン。
  4. HOLLAND & SHERRY(ホーランド&シェリー)・・・英国高級服地マーチャントのホーランド&シェリー社は1836年にロンドン、ボンド・ストリートにて創業され、180年以上の長きに渡り世界中にその高品質な服地を提供しております。最大の特徴は、その豊富なコレクション数にあり、最高級のウーステッドから、カシミア、シルク、アイリッシュリネンなど厳選された素材が常にストックされています。超高価格ゾーン。
  5. DORMEUIL(ドーメル)・・・150年以上の歴史を持つドーメルは英国高級生地が主力です。英国の伝統技術と、ファッションの最先端をゆくフランスのデザイン性の両方を兼ね備えた生地は世界中のファンに支持されています。しっかりとしたハリ、コシのある生地ながら、非常に上品な光沢が有り、とてもラグジュアリーな生地です。英国生地の特徴のタテヨコ双糸使いを、双糸単糸にしているのもドーメル生地の一つの特徴ですね。高価格ゾーン。
  6. DARROW DALE(ダロウデイル)・・・1819年創業、イギリスの名門服地メーカーブランド「ダロウデイル」。独特で伝統的なデザインを熟練工の手により美しい生地に作り上げます。イギリス生地の特徴であるハリやコシを味わえるだけでなく、その豊かなデザイン性にも、人気の理由があります。価格もお求めやすい価格で、コスパ良です。
  7. SCABAL(スキャバル)・・・1938年に設立された世界最大級のマーチェントです。「最高の原材料のみを使用する」ことをこだわりとし、高級紳士服地サプライヤーとして世界中の主要としで不動の地位を確立しています。クラシックな柄からデザイン性に富んだ柄まで幅広いラインナップで、見ているものを楽しませてくれます。高価格ゾーン。

1~3の生地を取り扱うマルキシ株式会社

4の生地を取り扱う株式会社 森山インターナショナル

5の生地を取り扱うドーメル・ジャポン 株式会社

6の生地を取り扱う三喜商事株式会社

7の生地を取り扱うスキャバルジャパン株式会社

*カタカナ表記の太文字で記されているのは、略語と言いますか、それだけで十分伝わる名称となっております。

 

 

まとめ

英国生地はもっともっと他にもたくさんございます。上記はほんの一部です。また、お取引の条件などは生地屋さんごとにそれぞれあると思いますので、気に入った生地、仕入れてみたい生地がございましたら、直接ご連絡してみてください。

それでは、次回イタリア生地編もお楽しみに!!

メンズスーツやレディーススーツ、ドレスシャツ、ジャージースーツ、コートなどの縫製サービスについてのお問い合わせは株式会社ヤマモト縫製部まで、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です