【パターンオーダー】シャツ生地の王道!トーマスメイソンってどんな生地?

こんにちは!今回はシャツ生地ブランド『トーマスメイソン』について書いていきます♪

※主観的な感想も書いています。ご了承下さいm(_ _)m

 

 

トーマスメイソンとは

聞いたことはあるけどよくわからないって方もいると思います。

基本的な情報はググれば出てきますが、さらっと書いておきます。

英国ブランドで1796年誕生。生地ブランドとしてはかなり古いです。

1991年にイタリアの大手シャツメーカーアルビニ社の傘下に入っています。

以下所感ですが……

イギリスらしい無骨な感じは少々薄れているようですが、イタリアの華やかさや斬新さがミックスされて、割とその時その時の流行をとらえている印象です。

お洋服が好きだったり、紳士服に知識やこだわりがあればかならず出会うブランドって感じでしょうか。

シャツ生地といえば『トーマスメイソン』という感じで、まさに王道ですね!

 

どんな生地?

私的にはバランスの良いブランドだと思っています。

番手の高いものから、普段遣い出来るものまで色柄ともにバリエーションが豊富です。

120番手前後のものであれば価格と実用性のバランスが良いと思われます。

ドレッシーさもありながら、実用的に見ても繊細すぎない生地。

着心地も申し分なく快適です。(スタッフ談)

※ここで言う繊細さは番手の高いものです。番手が高いとそれだけ繊細で一般的には強度としても弱いものが多いです。

※140番手ぐらいになってくると、扱いも慣れていないと結構難しくなってきます。ただし柔らかくて気持ちいいです。

トーマスメイソンの生地は「良い生地のシャツを着たいなぁ」と思ったら、手を出しやすいのでオススメです。

良いシャツは、形状記憶などされていないものが基本なのでアイロンがけやクリーニングなどのケアが必要です。

ただ、やはり良いシャツを着て、スーツやジャケットを羽織ると不思議と全体の高級感が上がります!

 

パターンオーダーシャツで作ろう

弊社でも数種類を在庫として持っています。

また、工場在庫や弊社お取引のある生地屋さんでも取り扱いがあります。

テーラー様においてもお客様の要望を聞きながら、提案できるものがあるとお思います。

せっかくの素敵な生地であれば、パターンオーダーで作るべきです。

生地の手配などでお困りであれば、弊社にご相談下さい♪

 

オーダーについては過去の記事に詳しく書いております。

パターンオーダーシャツ工場の紹介

【自由度の高いオーダーシャツ工場】~ここまで個性出せます~

【小ロットの既製品】や【オリジナル商品】として利用できるオーダーシャツ

こんなに沢山のシャツ生地からお選びいただけます

その他、メンズスーツやレディーススーツ、ドレスシャツ、ジャージースーツ、コートなどの縫製サービスについてのお問い合わせは株式会社ヤマモト縫製部まで、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です